タラの芽の大繁殖

     2018-05-12 : 自然
 スキーに打かけた帰り、いろいろなものを買ってくる。

 5年ほど前、尾瀬戸倉スキー場の帰り、尾瀬市場で購入したのがタラの木の苗。そう、タラの芽が採れる木だ。

 根っこも殆ど無い苗木、本当に根付くのかなあと思っていたが、翌年ちゃんと芽が出てきた。ただ、一度に採れるのは一本だけで、一本だけ揚げるのも面倒なので、天ぷらになることはなかった。

20180511.jpg


 もともと山の過酷な環境にはえているタラノキ、日当たりの良い平地で肥料や水をしっかりもらって大繁殖。庭のあちこちにタラノキが生えてきた。

20180510.jpg

 
 こうなると5本くらいはまとめて収穫できるので、テンプラの良い種になる。

20180509.jpg


 これは良い買い物をしたと思っていたのだが、あちこちにタラノキが生えてきた、ということは地下茎で繁殖していくということ。まてよ、これはまずいかもしれない。

 一本だけ掘り起こしてみたら太いしっかりとした根が出てきた。

20180512.jpg


 これではあっという間に庭中がタラノキだらけに成ってしまう危険性がある。全部掘り起こして鉢植えにすることにした。

20180513.jpg


 ここで一句、

 手に取るな
 やはり山におけ
 たらの木々

山椒の木2号の収穫

     2018-05-07 : 自然
 我家の庭に雌の山椒の木が増えてきた。

 昔からいる1号は、近年梅の木の日陰になってしまい、元気がない。2番めに大きい2号は、まだ木の丈1メートルぐらいだが立派に実をつけてくれる。

 このところ、暖かい日が続いて実が膨らみ、色が少し茶色くなり始めた。実を潰してみると種が少し黒くなり始めている。収穫時期だ。

20180502.jpg


 例年5月中旬に収穫するのだが、今年はずいぶん早い。全部採って95g。2号としては、なかなかの量だ。


20180503.jpg


 いろいろな用途に使うことのできるよう、下ごしらえをして保存しておくことにする。
 まず、1リットルの2.5%食塩水を沸騰させ、軸から外した山椒の実を7分間茹で、3時間ほど水に晒した。

20180504.jpg


 しっかり水を切って、9.5g(10%)の塩をまぶし瓶に入れ冷蔵庫で保管。

20180505.jpg


 これで一年もつことになる。

満開ツツジ

     2018-04-19 : 自然
 今町中を歩くとどこもかしこもツツジが満開だ。庭のツツジも咲き始めた。

20180419.jpg


 白やピンク、赤などの花が咲くが、同じ株なのに枝が違うと花の色が異なる、いわゆる咲き分けも多い。

20180421.jpg


 枝ごとに色が違うのだが、翌年も同じ枝には同じ色の花が咲く。我が家のツツジは赤が少ないので赤の枝にタグを付けてその枝を剪定してしまわないよう気をつけている。

 それでも一つの花の中で赤が混じっていたりすると来年は一体どうなるのか興味が沸く。

20180420.jpg


 しっかりとタグを付けて観察を続けることにする。

春、花盛り

     2018-04-06 : 自然
 ここ何日か暖かい日が続いた。

 温かいというよりも暑い。正直なもので植物達は一斉に花をつけ始めた。

 赤星シャクナゲ。
20180406.jpg

 ブルーベリー
20180409.jpg


 花蘇芳
20180407.jpg


 カリン
20180410.jpg


 ボケ
20180408.jpg


 植物たちとは異なり、ボケ老人はそう簡単に環境に反応することが出来ない。フリースを着て庭仕事をしていたら熱中症になりそうだった。これからはボケが咲いたら衣替えをすることにしょう。

雪景色

     2018-01-22 : 自然
薄暗かった空から午後には雪が降り始めた。

 膨らみ始めたシャクナゲの蕾にも雪がまといつく。

20180141.jpg


 久しぶりの関東の雪。大雪警報が先週の金曜日から出ていたが、10センチ程度の積雪で大雪とは、雪国の人たちに大笑いされそうだ。それでも多くの首都圏の高速道路は通行止めになっていた。(黒が通行止め、青がチェーン規制)

20180140.jpg

 大騒ぎするほどの大雪ではないが、このあたりの雪は問題も有る。水分をたっぷり含んだ湿雪なのだ。車庫の屋根が潰れたり木の枝が折れたりする。2014年の雪では庭のユスラウメが根本からポッキリ折れてしまった。

 夜9時ころには雪も上がり、スキーウエアに着替えて、屋根と木の枝の雪下ろしをした。お疲れ様、、、

レモンの収穫

     2018-01-17 : 自然
 真っ青な空を背景に黄色なってきたレモンが光っている。

20180126.jpg


 レモンの収穫時期か。

 実は12月16日に一回目の収穫を行ったのだ。採ったのはおよそ3kgで、一個200gほど有るから大きい。まだ少し青みが残っているのがわかる。

20180128.jpg


 そして1ヶ月後およそ4kgを収穫した。

20180127.jpg

 きれいに色づいているが、大きさは前回に負ける。12月に採ったのは脚立に乗らずに取れるところを重点的に取った。今回、脚立に登り木の上部、つまり日当たりの良い部分の実をとったのだから、だからさぞかし大きくなっているだろうと思ったのだが、1割程度小さいのだ。

 その代わり枝や葉が立派に育っている。栄養が皆そちらにいってしまったようだ。剪定を間違えたか、肥料のやり方を間違えたか、今後の研究課題だ。

トマト結実

     2016-05-12 : 自然
トマト麗夏に実がついた。

16tomato02.jpg


大きくなりますように。

時期外れの啓蟄

     2016-05-03 : 自然
台所の出窓に植木鉢に植えたパセリが飾ってある。

 今年も4月20日に苗を買ってきて移植し、そろそろ食べられるかなと思っていたら、誰かに先を越された。

16pase01.jpg


 パセリの葉が少ない。どうも誰かが食っているようだ。

 犯人はこれ。

16pase02.jpg


 身元不明。

 黙ってパセリを食べてしまった罰として、パセリとイモムシの炒めものを作る。

16pase03.jpg


 、と思ったが身元不明のままというのも可哀想なので、コップの中で飼育することにした。

16pase04.jpg


 食欲旺盛なコヤツを育てるためにスーパーでパセリを買ってきた。

2016春

     2016-04-14 : 自然
 今年は早々にスキーシーズンが終わってしまった。

 寒暖の激しい日々が続いているが、ふと気が付くと赤星シャクナゲが満開だ。

16haru01.jpg


 そう言えば、あれはどうなっているか?ルーペを取り出してジッくる観察。おっ、出てきている。

 甘夏の花芽。

16haru02.jpg


 そして本柚子の花芽も。

16haru03.jpg

ここ毎年頑張っているレモン。

16haru04.jpg


 今年も柑橘系が頑張っている。うまく結実するといいのだが、、、




トップページに移動

春、芽吹き

     2015-04-01 : 自然
 このところ急に暖かくなり、庭木が一斉に芽吹きを始めた。

 トイレ消臭剤でお馴染みの金木犀の若葉。

15wakaba04.jpg


 柿も若葉を付けた。今年は実がなるか、、、

15wakaba03.jpg


 山椒も小さな若葉をたくさんつけている。

15wakaba05.jpg


 キウイの若葉。

15wakaba02.jpg


 春である。

kuma80.jpg
トップページに移動
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード