山菜採り

     2018-06-01 : 外出、旅行
 今年も尾瀬戸倉スキー場へ山菜採りに出かけた。

 今年は天気が良かったので山菜の成長も早いだろうと2週間ほど早く、梅雨入り前に出かけたのである。

 スキー場の管理会社から入山の許可を頂いてから山に入る。

20180602.jpg


 まるで夏の雲のよう。

20180601.jpg


 お目当てのフキはたくさん採れそうだ。

20180603.jpg


 小さなきれいな花も咲いている。

20180604.jpg


 フキとわらびとゼンマイをたっぷり採って今年の山菜採りは終わった。

横浜動物園 ズーラシア

     2018-05-20 : 外出、旅行
 1999年の開園当時オカピを見にわざわざでかけた記憶がある。

 とても横浜とは言えないような僻地。最寄り駅が聞いたこともなかった鶴ヶ峰駅。そこからバスで山道を延々と走ったさきにズーラシアはあった。

 あれからおよそ20年、5月とは思えない初夏の陽気のもと、ズーラシアに出かけたが、沿道も横浜動物園も様変わりしていた。

 日陰のない埃っぽい動物園という記憶が残っていたが、現在は違う。20年の歳月により植生が発達し、木陰には涼しい風が吹き抜けていた。動物園の面積は3倍以上になったのではないか。子どもたちのはしゃぐ声がが楽しい。

 さて動物たちだが、やはり虎が最高。猛獣を実感する。

20180538.jpg


 そしてオランウータン。よく聞いた名前だが本物を見たのは初めて。明らかに知性を感じる。

20180539.jpg


 事前にコンビニで入園券を購入しておくと720円になる。横浜動物園、ズーラシアはコストパーフォーマンスの高い施設である。
 

カグラ、スキーシーズンの終わり

     2018-05-01 : 外出、旅行
 今シーズンのスキーも5月の連休のカグラで終わり。

 今シーズンは大雪で、5月の連休も多くのスキー場が営業する予定だった。ところが、まるで初夏の陽気だった4月にずいぶん雪が溶けてしまい、営業を終わってしまったスキー場が多く、雪の残っていたカグラにスキーヤー、ボーダーが集中した。

 そのカグラも5月1日はパノラマコースを普通に滑ることが出来たが、翌日の今日は、ほとんど雪が残っていない。一日でどんどん状態が変わっているのだ。

 そしてゲレンデはコブだらけ。シーズン中のコブはカリカリに凍っていることが多く、手強いが、この時期のコブは柔らかく、練習にはちょうどよい。

20180501.jpg


 快晴のカグラ、肌着の上にウインドヤッケという薄着でも汗が吹きだす。スキーに出かけるとき、防寒には気を配るが、暑さ対策は未知の領域だ。アクエリアスの2リットルボトルを担いで行ったが、やはり脱水状態になったようで、足がつってしまった。

 それでも楽しい滑り納めだった。

ヨコハマ大道芸2018

     2018-04-15 : 外出、旅行
 横浜みなとみらい地区は大道芸を見る機会が多い。

 特に今日はヨコハマ大道芸2018として大勢が出演している。大道芸と言っても皆同じようなもので、大同小異とはよく言ったものだと思っていたが、、、

 大仕掛けのブランコ。

20180422.jpg


 身近で見るとその鍛えられた肉体に驚く。

 これはよく見る、、、何というカテゴリーになるのだろう。

20180423.jpg


 身動き一つしないのだ。マバタキさえしない。お金を入れると10秒ぐらい大暴れするのが楽しい。

いちご狩り

     2018-04-11 : 外出、旅行
 静岡県の清水へいちご狩りに出かけた。

 以前は毎年1月に出かけていたが、ここ数年はご無沙汰が続いていた。ちょっと時期を外してしまったが、久しぶりにいちご狩りに出かけたのだ。

 清水までは新東名が使え、路肩に余裕がありとても走りやすい道。のんびり走って一時間ほどで「まるぞう いちご狩り組合」に到着した。ハイシーズンには駐車場が一杯になるのだが、4月の平日の今日はまるでガラガラ。その上、いつもは2000円払っていた入場料が4月1日から1200円。お値打ちである。

20180413.jpg


 通常はビニールハウスの一つが指定され、そこのいちごが食べ放題というシステムだが、オフシーズンの今日はどのビニールハウスのいちごでも食べ放題。

20180415.jpg


 流石にいちごは小粒なものが多いが、それでも懸命に探すと大きないちごも隠れている。この広いいちご狩り場に客は我々だけ。のんびりと食べ放題を楽しむことが出来た。

20180414.jpg


 それでも結論は来年は1月に来よう、であった。

東京ミッドタウン日比谷

     2018-03-31 : 外出、旅行
 東京ミッドタウン日比谷にでかけた。

 ミニシアター系の映画を見るとき日比谷に有るシャンテシネに出かけることが多かったが、日比谷のイメージは銀座の華やかさや中通りの落ち着いた雰囲気に比べ開発に取り残された区域というイメージが強かった。日比谷公園の真ん前に3月29日にオープンした東京ミッドタウン日比谷でこのあたりがどのように変わっていくかに興味があったのだ。

 まず、有楽町駅から日比谷への人通りが激増していた。歩くのもままならないのには驚いた。ゴジラ像の前にそびえていたのがミッドタウン日比谷。

20180402.jpg


 内部は広い吹き抜けになっていて、エスカレーターには長蛇の列だ。

20180403.jpg


 最近このような大型商業施設は続々とオープンしているが、皆同じように感じてしまう。特徴がないのだ。秋葉原がどんどんその個性がなくなってきたようにこのあたりもどこにでもある街になって行くのだろう。

 JRのガード沿いの昔からある飲食店もいつまで持つのだろうかと心配になるが、焼き鳥屋、鉄平で夕食を取り帰路についた。

京急120周年記念キャンペーン

     2018-02-25 : 外出、旅行
 横浜地下街を歩いていたら長蛇の列が。

 わけも分からず並んでみたら、京急120周年記念キャンペーン、片道優待乗車券2枚を配っていた。

20180537.jpg

 転売目的の外国人がいなかったからか、和気あいあいとイベントは進行していた。

 三崎のくろば亭にマグロを食べに行こうと思っている。

尾瀬戸倉スキー

     2018-02-06 : 外出、旅行
 真っ青な空にダイアモンドダストがキラキラと光っている。

 ここ2年ほど雪不足に泣いたスキー場だが、今年は半世紀ぶりの寒気が日本列島を覆っている。天気予報とにらめっこの末、尾瀬戸倉スキー場に出かけた。

 ゲレンデは新雪。

20180201.jpg


 このあたりの新雪は例年、気温の上がる午後には水分を含み始め、始末の悪いベチャ雪になってしまう。そして夜、気温が下がり表面が凍ってしまうと全く足を踏み入れたくなくなる状態になってしまうのだ。

 ところが数年に一度の寒気が流れ込んでいる今年は、パウダースノーを一日中楽しむことができるとはありがたいこと。


 随分スキーがうまくなったような錯覚に陥ってしまう。

菅平のスノーエンジェル

     2018-01-29 : 外出、旅行
 日本中が半世紀ぶりの大寒波に見舞われているなか、菅平にスキーに出かけた。

 長野県上田市に有る菅平高原のスキー場は晴天率が高く気温が低い。斜面はすぐアイスバーンになってしまうが、降雪後のタイミングを狙うと真っ青な空の下快適な滑りを楽しむことができる。

20180143.jpg


 そういえば、この間、海岸の風紋の中にサンドーエンジェルを探したが、あまりはっきりと現れなかった。今回は奥ダボススノーパークでスノーエンジェルを探してみた。

20180142.jpg


 やはりあまりはっきりしない。

 菅平は気温は低いが雪は多くなく、また風も強いのですぐ飛ばされてしまう。どっさり新雪というわけには行かないようだ。そんなわけではっきりとした輪郭が見えないのだ。今度豪雪地帯である上越に行ったときにスノーエンジェルを探してみることにする。

八景島シーパラダイス

     2018-01-14 : 外出、旅行
 透明な水の中のきれいな生き物たち、東北旅行で加茂水族館や男鹿水族館GAOを見てから水族館が大好きになった。

 関東に帰ってきてからも江ノ島に行ってみたがあまり感心しない。同じようなものを食べてもレストランで食べると美味しく感じ、自宅で食べると「普通」だったりするのと同じかとも思う。

 季節外れのこの時期、期待を込めて東京湾に面した金沢八景にある八景島シーパラダイスへ行ってきた。

 チケットにもいろいろ種類が有るが、水族館に入るためのアクアリゾートパス、2450円(シニア)を購入、マグロイクラ丼で腹ごしらえをしてからいざ水族館へ。

20180116.jpg


 入館後すぐにプールでショウがあるということで、エレベーターで直行。寒さで季節外れの水族館をひしひしと感じながら、イルカのショウなどを楽しんだ。

20180115.jpg


 さて、お待ちかねの水族館。

 圧巻は7万匹のイワシが見せる群舞。タイムテーブルに従ってイワシたちが動き始めるのだから、人間が何らかの操作をしているのだと思うが、サメやイルカなどの捕食者から生き延びるための習性を利用しているのだろう。光か、はたまた音かなどと科学者の目で観察していたがわからずじまい。

20180117.jpg


 帰ってきてから検索したところ餌をまいてコントロールしているとのこと。この現実的な解にちょっとため息も出ようというものだ。
プロフィール

kumasan114

Author:kumasan114

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード